婦人

高評判を集めるみちょぱ|芸の会へ一歩踏み入れる人生

業界をのぞいてみよう

レディ

様々な努力が芸能人になりたいという人は必要です。その時の需要に合わせて、ジャンルを替えることもあります。また、社会人としての意識を持つことも大切です。ツテを辿って芸能界入りした人などは勘違いしやすいので気をつけましょう。

今ホットなモデル

レディ

SNSで自身の魅力を積極的に発信していくみちょぱさんのようなモデルと、それを活かして様々な舞台を用意する所属事務所のSGMの組み合わせで、みちょぱサンのような魅力的なモデルさんもこれからどんどん増えていくでしょう。一ファンとして、若いモデルさんには切磋琢磨して業界を盛り上げていってほしいところです。

巷で噂のカリスマモデル

舞台

池田美優(いけだみゆう)さんは1998年10月30日、静岡県産まれの現役女子高生モデルです。血液型はA型で身長は164cm。「みちょぱ」の愛称で親しまれ、ツイッターのフォロワー数57万、インスタグラムのフォロワー数は25万6千を数え、「カリスマモデル」として女子中高生から非常に高い支持を受けています。2013年9月に女子中高生対象のファッション雑誌でデビューを果たすと、半年間に渡り中学生6人からなるユニットで活躍。2014年同誌の7月号で専属モデルになると、「カリスマモデル四天王」の一人として女子中高生から大きな支持を得ました。2015年の同誌1月号には16才ながら単独で表紙を飾ると、以降5ヶ月連続で表紙に登場。同誌の中心的なモデルへと成長しました。2016年に出版された自身初のスタイルブックではモデルとしての顔だけではなく、普段の生活で見せる素のままのみちょぱの豊かな表情を数多く見る事が出来ます。最近はテレビを始めとするメディアの露出も増え、思ったことを躊躇なく口にする自由奔放なギャルとして大きな注目を集めています。

幼少からギャルに強い憧れを持っていたというみちょぱ。それだけにギャルに関しては今でも強い拘りを持っているようです。小学校5年生で既にギャル専門雑誌に掲載されているメイク製品を実際に購入して、熱心に研究していたとのこと。小さいな頃から好きなことをやって辿り着いたのがギャルだった、そんなみちょぱにとってギャルとはなくてはならない存在なのかもしれません。黒髪がもてはやされて、質素なナチュラル化へと進む今、敢えて茶髪で派手なギャルスタイルを貫いているみちょぱ。このようなギャルに対してのブレない姿勢に、同世代の女子に高く支持される理由があるのかもしれません。最近は自ら付けまつげやカラコンをプロデュースするなど、モデル以外にも活動の幅を広げています。カリスマギャルとしてその言動に大きな影響力を持った今、みちょぱの今後の動向に大きな関心が寄せられています。

配役の重要性

スタジオ

原作に基づいて演劇や映画のストーリーの企画がプロデューサーを中心として進められます。その場合には仕事の範囲も演出や照明、音響、美術、スタッフの決定や予算、券売まで及びます。キャスティングは重要で好みで選ぶことなく演技が上手くて集客を見込める出演者を選択する必要があります。