スタジオ

高評判を集めるみちょぱ|芸の会へ一歩踏み入れる人生

  1. ホーム
  2. 配役の重要性

配役の重要性

スタジオ

演劇や映画はあるストーリーに基づいて進めて行き、その際にはまとめ役としてプロデューサーが必要になって来ます。プロデューサーの仕事の範囲は巾が広く、キャスティングも重要な仕事内容になります。適役は誰かを考える場合には好みで選ぶことは出来ません、なぜならその演劇や映画の内容を評価するのは監督でもなく観客であるからです。これを好みで選ぶとなると恣意的となり誰が見てもおかしいと思うことが出てくるのが常です。その為このキャスティング作業は浜辺でダイヤモンドを探すぐらいに難しい作業であるとも言われています。一方で見つけたと思ったら現在活動中であったり本人が受け付けてくれない場合もあります。キャスティングを行う場合は決断力と柔軟性、それに粘り強さが必要とされています。

プロデューサーはこれから作ろうとするストーリーの原作にあたる本を読んで企画立案を立てます。そしてそこに登場する人物は誰が適役であるかを芸能人や俳優の資料からピックアップします。演出や照明、美術、音響などこれまでの作品や経験から各スタッフの決定を行います。収入と支出の概算額を算出し、その予算内で制作するか不足する場合はその差額をどういう風にして捻出するかの仕方も検討します。公演や映画に必要なスタッフや出演者の現在の活動状況を把握して目的の制作について健康管理を含めたスケジュールの調整を行います。広報宣伝活動を行い興行収入が採算に合うように集客面で券売などに努力することになります。キャスティングでは上手い俳優を起用することは重要ですが集客を見込める出演者を揃えることが大切となります。